中学や高校の数学の計算問題

数学の専門家が中学や高校の数学の計算問題を紹介!数学が苦手な方や効率良く復習したい方は見ていってください。解説がほしい問題があれば、お気軽にコメントください。

小数を分数で表す方法!直すやり方は小数点に注目するだけ!

はてなブックマークやツイッター等で拡散していただけると、非常にウレシイです!!

本日は小数を分数で表す問題をやってみてください。小数を分数に直すやり方は、小数点に注目するのがポイントです。右から数えて1個目なら、分母を10、2個目なら分母を100、3個目なら分母を1000にすればOKです。

 

例えば①の小数点は右から数えて1個目なので、分母を10にして、1.3=13/10(10分の13)とできます。③なら、小数点は右から数えて2個目なので、分母を100に、⑤なら、小数点は右から3番目なので、分母を1000にすれば、小数を分数に変換できます。

  

・小数を分数で表そう。

小数を分数で表す


なお、小数を分数に変えた時、⑥の問題のように約分ができる(5で約分できる)ことも多いので、注意してください。

 

この知識は、私の経験上、算数や数学だけでなく、理科でもよく使う知識だと思うので、ぜひ覚えておいてください。

 

小数を分数で表す方法の次の記事は

 

suugakunomondai.hatenablog.com

 

です。まだ頑張れる方は見ていってください。

 

スポンサーリンク