中学や高校の数学の計算問題

数学の専門家が中学や高校の数学の計算問題を紹介!数学が苦手な方や効率良く復習したい方は見ていってください。解説がほしい問題があれば、お気軽にコメントください。

平行線と線分の比!三角形の比の取り方を簡単な問題で覚えよう!

はてなブックマークやツイッター等で拡散していただけると、非常にウレシイです!!

本日は、平行線と線分の比です。特に下の問題のような△ABCの中にDEとBCが平行になるような△ADEが入っている問題がよく出題されます。

 

今回は下の問題で三角形の比の取り方を覚えていただきましょう。下の図1の三角形は、色々な比がとれるんですが、以下のa~cの3つの公式だけ覚えてもらえば、ほとんどの問題が解けます。

 

a:AD:DE=AB:BC

b:AD:AB=AE:AC

c:AD:DB=AE:EC

 

DE//BC、つまりDEとBCが平行なら上の3つの公式が成り立ちます。どの公式も同じような比の取り方をしますので、手を動かしながら比の取り方を覚えるとよいと思います。

 

 ・下の三角形でDEとBCは平行のとき、

平行線と線分の比


なお、解説の比の計算は省略していますので、計算方法がわからない人は 
比例式の問題!解き方のコツは、この合言葉を覚えるだけ!を見てください。

 

平行線と線分の比の次は

 

suugakunomondai.hatenablog.com

 

です。

 

スポンサーリンク