中学や高校の数学の計算問題

数学の専門家が中学や高校の数学の計算問題を紹介!数学が苦手な方や効率良く復習したい方は見ていってください。解説がほしい問題があれば、お気軽にコメントください。

直角三角形の合同条件!証明のときに直角三角形が出てきたらこれ!

はてなブックマークやツイッター等で拡散していただけると、非常にウレシイです!!

昨日は、三角形の合同条件の問題をしましたが、本日は直角三角形の合同条件の問題をやってみましょう。今回紹介する直角三角形の合同条件は、当たり前ですが、直角三角形が出てきたときに使います。

 

直角三角形の合同条件は、下のaとbの2つです。

 

a:斜辺と1つの鋭角がそれぞれ等しい

b:斜辺と他の1辺がそれぞれ等しい

 

下の問題のように、2つの直角三角形が合同かどうかを証明する問題が出てきたらこの2つの合同条件が使えないか考えてみましょう。

 

 ・図1と合同な三角形はア~オのどれか。

直角三角形の合同条件

 

なお、直角三角形が出てきたからといって、三角形の合同条件が使えないというわけではありません。例えば図1とエの三角形は、2組の辺とその間の角がそれぞれ等しいので、互いに合同といえます。

 

三角形の合同条件はすべての三角形に使える条件なので、直角三角形にも使えるということも覚えて置いてください。

 

直角三角形の合同条件の次は

 

suugakunomondai.hatenablog.com

 

です。

 

スポンサーリンク